株式会社ナルテック

新電力サービス

 
 
 

新電力サービスよくある質問お問合わせ

 

よくある質問

なぜ新電力(特定規模電気事業者)は一般電気事業者(地域の電力会社)と
異なり料金を安くできるのでしょうか?

新電力は、一般電気事業者と異なりコストの高い部分を抑えることで競争力のある価格で電力を調達できるからです。 例えば、新電力は常に安い電源を探して購入することができるのに対して一般電気事業者側(の電源)は世界的資源 価格の変動により発電価格が大きく左右されます。また、新電力は需要家の組み合わせにより調達価格を下げることもできるからです。

 

新電力を選んだことにより一般電気事業者(地域の電力会社)に
不当に扱われたりする事はないのでしょうか?

電力自由化によりお客様が電力の購買先を自由に選ぶことは認められていますのでご安心ください。又、一般電気事業者がそのような事をするのは独占禁止法に抵触する恐れがあるため、まず起こり得ることがありません。

 

新電力に切り替えることで、本当に何かデメリットはないのでしょうか?

金銭的にメリットが出る見積を算出した新電力と契約する際には書類等の手続きが必要という点以外でデメリットは一切ございません。

 

新電力に切り替えても停電等不具合は起きないのでしょうか?

新電力へ切り替えても一般電気事業者によって保有及び維持管理された送電線や変電設備を利用しますので、新電力が原因での停電は起こりません。万一、新電力側の供給不足による停電が起きた場合でも、瞬時に一般電気事業者から供給されます。また、一般電気事業者には供給義務があり、小売全面自由化以降その義務がなくなることはありません。

 

新電力の供給不足・不能の際に一般電気事業者から電力を供給してもらう場合、
料金を請求されるのですか?

一般電気事業者とのバックアップ契約で発生する料金につきましては、お客様からお支払い頂いた電気料金で新電力事業者が一般電気事業者に料金を支払います。 お客様には一切のコスト負担をおかけすることはございません。

 

契約電力はどうやって決めているのでしょうか?また、変更することはできるのでしょうか?

現在の月を含む過去1年間の中で一番電力量を使った月に合わせられます。
(30分単位で測定した電力量で最大需要電力量という)
新規需要家の場合は開始後1年間の中で一番使った月の電力量に合わせられます。
500KW以上(見込まれる)の需要家は一般電気事業者が過去実績、設備を見て協議をして決定をします。

 

契約電力を下げたいのですが・・・。

受電電力が減少する場合、一般電気事業者に申込をして協議の上減少された契約電力を設定することは可能です。ただし、その後1年の期間中に設定した契約電力を超過するとその値での再設定が行われます。また、一般電気事業者との協議で契約電力の変更自体が不可とされる可能性もあります。

 

一般電気事業者との特殊な料金メニューでも新電力に切り替えできるのでしょうか?

新電力への切り替え自体はいかなるケースでも可能となります。
ただし。一般事業者にて蓄熱ピーク割引等を受けている場合、新電力では同等の割引には対応できません。その場合既存の割引額よりも新電力がメリットを出すことができるのかを確認して頂く必要があります。

 

一般電気事業者との託送契約は何年単位なのでしょうか?
また、需要家にも託送料金の請求がくるのでしょうか?

契約は1年単位です。基本的には、解約しない限り1年単位で自動更新となります。
1年未満の契約を希望する場合は「臨時接続送電サービス」というメニューとなり、単価が割高の契約になります。託送料金については、需要家に託送料金の請求が来ることはありません。

 

新電力との契約途中、需要家の会社の名義が変更することによって
ペナルティーは発生するのでしょうか?

特に発生しません。名義の変更についてはまず一般電気事業者にお問い合わせ頂きます。その後、新電力が対応を行います。

 

「燃料調整単価」とは何でしょうか?

般電気事業者が火力発電に用いる原油・LNG・石炭の平均燃料価格を毎月算定し、燃料単価として反映して請求する料金の1kwあたりの単価です。 新電力に切り替えた場合も、再生エネルギー促進賦課金同様に一般電気事業者と同額の費用を需要家が負担するものです。

 

計量器等の取り付けにあたっての費用負担はどのようになりますか?

お客様の事由による移設等以外は一般電気事業者の費用負担となりますのでお客様の負担はございません。

 

地域の電力会社の電気料金が変わったらどうなりますか?

地域の電力会社の価格変更に合わせて新電力会社も価格が変わります。基本的に割引の条件等は変わりません。条件が変わってメリットがなくなると判断された場合は地域の電力会社、もしくはその他の新電力会社との再契約を結ぶことになります。

 

電力料金の支払いはどのようになりますか?

新たな契約先(新電力事業者)からお客様へ請求書が発行されますので、お客様が新たな契約先へお支払いください。

 

低圧受電(一般家庭等)の需要家向の電力会社切替えはできますか?

平成28(2016)年4月1日より電力小売市場の完全自由化となりましたが弊社の取り扱いは当面特別高圧受電又は高圧受電で契約電力50KW以上の需要家様を主に新電力導入のご提案をさせて頂いております。但し条件により50KW未満の需要家様にも特別メニューをご用意させて頂いておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問合わせメールフォーム

↑ページトップに戻る 

 
 
Copyright(C) 2010 NARU TEC CO.,LTD. All rights reserved.